head_img_slim
HOME > サービス内容のページ

サービス内容

割れたガラスの修理・防犯ガラス・遮熱断熱の複層ガラス・二重窓・網戸・面格子

割れたガラスの修理

割れたガラスの修理 ガラスが割れた、割られた。転んでぶつかったり、物が当たったり、空き巣被害に遭ったり、時には熱割れのように自然に割れることもあります。 いずれの場合もガラスが割れたらすぐに修理したいものです。ガラス屋工房ではガラス修理を即日対応します。

割れたガラスをそのままにしておくと危険であり、防犯的にもよくありません。当店では一般的なガラスのほとんどを作業車に積んで訪問、その場でカットし交換します。

ガラスが割れるのは殆どの場合1枚です。1枚でも複数枚でもお気軽にお問い合わせください。割れたガラスは無償で引き取り処分します。

窓ガラス、玄関、勝手口のドアガラス、浴室ドア、ルーバー窓、自動ドアの他、ショーケース、本棚や食器棚、テーブルトップなどの様々なガラスに対応しています。 よくある板ガラスの他にも、複層ガラスや強化ガラス、防犯ガラス、曲げガラスや樹脂パネル、アクリル板などにも対応しています。

戸建てやマンションなど住宅だけでなく、店舗、会社、倉庫のガラスなどに対応しています。また、高所作業や大板もお任せ下さい。

 

防犯ガラスへの取り換え

防犯ガラス 空き巣の侵入方法で最も多いのはガラス破りです。戸建て住宅では約7割がガラス破りです。窓からの侵入を防ぐ効果的な方法は時間がかかることです。 5分以上かかると侵入を諦めることが多いと言われています。

そんな機能を持ったガラスが防犯ガラスです。防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟み、貫通しにくくした合わせガラスです。

また、台風などで飛来物が当たった衝撃で破損しても、中間膜とガラスが密着しているため、ガラスの破片が飛散脱落しにくくなっています。台風以外でも万が一のガラス割れに備えた安全対策としても効果大です。

 

遮熱断熱の複層ガラス(ペアガラス)

複層ガラス 断熱・遮熱性能に優れ、結露抑制に有効なリフォーム用エコガラス。 複層ガラスにアタッチメントフレームを一体型化し、今お使いの単板用サッシ枠にそのままはめ込むことができるタイプもあります。 はめ込むガラスの種類にもバリエーションがあります。

遮熱性能は一般ガラスの約2倍です。日射熱を大幅にカットし、冷房負荷を軽減します。 断熱性能は一般ガラスと比べ約3倍です。室内の熱を逃さず窓まわりの冷え込みを解消します。 窓ガラスの天敵である「結露」も抑えてくれます。 夏の紫外線を大幅にカットします。

 

二重窓(内窓)

二重窓 二重窓を取り付けることによって、内窓と今ある窓との間に空気層が生まれ、断熱・遮熱効果や防音効果に大きな力を発揮します。

現状の窓枠を利用して内側にフレームを取り付けるだけ。大がかりな工事が不要で、時間もかからず、壁や窓を壊すこともありません。

住宅の中でもっとも熱の出入りが大きいのが窓です。ガラスをたった1枚プラスするだけで、断熱性が飛躍的にアップ。冷暖房費や結露の悩みが一気に軽減します。

空気の層が音を遮断。外の騒音を室内に招かず、室内の音を外にもらしません。小さなお子様やご高齢の方がいるご家庭、趣味の音楽を楽しまれる方に嬉しい性能です。

 

玄関網戸・網戸の張替え

網戸 鍵付きルーバー玄関網戸

玄関ドアを開けたままにして風が室内を通り抜けるようにしたい。 新鮮な空気を入れて、湿気やこもった空気を外に出したい。 でも、玄関を開けっ放しにすると、虫が入ってくる。室内が丸見えになる。防犯面も心配。そこで、これらの問題を解消し自然の風の出入口となってくれるのが玄関網戸です。

LIXIL しまえるんですα

簡単に取り外して手軽に丸洗いも可能。収納スペースにも困りません。ぴったりマグネット、バリアフリレール、衝撃や強風に強い安心設計。 あらゆるメーカーの玄関ドアや引戸、バルコニードアに簡単取付できます。

 

面格子

面格子 面格子は不審者の侵入を抑止し、防犯性を高める窓建材です。安心して窓を開けて爽やかな風を採りいれるためにも面格子が活躍します。

新築時に面格子が付いていない窓にも後付けできます。面格子にも色々なタイプがあり、住まいの目的にあわせてお選びいただけます。

面格子は目で見てわかるので、侵入しようとする前に諦めることが多く、抑止効果が期待できます。しかし、面格子を付けても被害にあわれる方がいます。面格子にも色々な種類があります。

防犯性を高めるには高強度面格子がおすすめです。その名の通り強度が高く、取付ブラケットのネジが見えないように設計されています。

 


お問い合わせはコチラ

icon 電話番号0120-935-238
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る